羽生3位「疲れました」「一気にどんどんバランス崩れて」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子フリーで演技する羽生=AP
男子フリーで演技する羽生=AP

 来年の北京冬季五輪の国・地域別の出場枠を懸けたフィギュアスケートの世界選手権は最終日の27日、ストックホルムで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(26)=ANA=は3位で、4年ぶり3回目の優勝を逃した。

 羽生結弦 疲れました。自分のバランスが一個ずつ崩れていったので、なるべく転倒がないように頑張れたと思っているんですけど、一つ一つ、自分らしくないジャンプが続いたので、非常に大変だったと思う。

 次の試合がどうなるか分からないが、時間があるのであれば、4回転半(ジャンプ)を早く練習して、まずは着氷させて完成度を上げて、試合に組み込めるようにしたいな、というのがとりあえず今の目標です。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文561文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集