朝乃山・貴景勝10勝 負け越しの正代、カド番に 春場所千秋楽

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
貴景勝(手前)を押し出しで破る照ノ富士=東京・両国国技館で2021年3月28日、西夏生撮影
貴景勝(手前)を押し出しで破る照ノ富士=東京・両国国技館で2021年3月28日、西夏生撮影

 大相撲春場所千秋楽は28日、東京・両国国技館で行われ、東関脇・照ノ富士が大関・貴景勝を破り、12勝3敗で2020年7月場所以来、4場所ぶり3回目の優勝を果たした。直近3場所は三役で計36勝し、大関復帰が確実になった。

 大関同士の結びの一番を制した朝乃山は貴景勝とともに10勝したが、敗れた正代は負け…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

注目の特集