芳賀・鳥インフル 感染経路など調査結果発表 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 芳賀町の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザの採卵鶏が見つかった問題で、感染経路などを調べていた農林水産省の疫学調査チームは26日、鶏舎の壁に隙間(すきま)があり、小型動物が侵入可能だったなどとする調査結果を発表した。

 壁面の隙間は約3センチで、鶏舎内ではネズミのふんが見つかった。この隙間から入った…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

注目の特集