連載

祈り巡り京の教会

「京都といえば神社仏閣」だが、実は京都御苑周辺を中心に驚くほど多くのキリスト教会が存在する。そのキリスト教会協会を訪ねた。

連載一覧

祈り巡り京の教会

/14 日本バプテスト連盟 日本バプテスト京都教会(京都市上京区) 奉仕の精神、困窮者支援に /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鴨川右岸に建つ日本バプテスト京都教会=京都市上京区で、矢倉健次撮影
鴨川右岸に建つ日本バプテスト京都教会=京都市上京区で、矢倉健次撮影

 プロテスタントらしく質素な造りの礼拝堂の正面、向かって左側には「御言葉(みことば)を生きる」と記された幕がかかる。2013年に着任した韓国出身の李海勲牧師(50)が、最も大切にする「信仰に閉じこもらず、社会に目を向ける」という教会の姿勢を示している。

 鴨川にかかる橋ごとに野宿していた多くのホームレス向けの炊き出しは、00年に始まった。当時、多い時には月2回、約100人がカレーライスなどに列をなした。当初から活動に携わった信徒の藤田陽子さん(84)は「私たちが支援せずに、誰がするという思いだった」と振り返る。

 人間の尊厳を大切に、通常の食器で座って食べてもらえるようにし、古着の配布なども実施。02年にはホームレス支援機構・京都寄り添いネットが立ち上がり、職を得て生活再建した野宿者もいる。市の政策などで生活保護を受けるようになった野宿者が橋の下からほぼ姿を消したことや、奉仕者の高齢と新型コロナウイルス禍の影響もあり、20年春から定期的な活動は休止している。しかし、生活に窮した元野宿者が訪ねてきた際に配布…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1194文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集