LINE利用、政府内で指針策定へ ワクチン予約は「開発継続」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信官房長官 拡大
加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、無料通信アプリ「LINE(ライン)」利用者の個人情報が中国の関連会社で閲覧可能だった問題を受け、関係省庁でつくるタスクフォースが、政府内でのライン利用に関するガイドラインを策定すると明らかにした。

 策定までの間、個人情報など機密性を要する情報を取り扱うラインのサービスの利用はいったん停止する。一方、ホームページ上で発信するなど機密性を要しない情報が対象のサービスは、個人情報などの管理上の懸念が一定程度、拭い去られたと判断し、利用を認めることとした。

 また、同社が自治体向けに開発しているワクチン接種予約システムについては、データが全て国内で保存されていることなどから「データの取り扱いを確認しつつ、開発を継続することも問題がないと考えている」と述べた。【佐藤慶】

あわせて読みたい

注目の特集