特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「私たちも、もがき続けてきた」震災避難者を支援する人の苦悩

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
LINEで京都に避難してきた被災者の相談に返信する大塚茜さん=京都市で2021年3月3日(大塚さん提供)
LINEで京都に避難してきた被災者の相談に返信する大塚茜さん=京都市で2021年3月3日(大塚さん提供)

 東日本大震災からの10年は、被災者にとってはもちろん、支援者にとっても悩んだり迷ったりの連続だった。被災地から避難してきた子育て世代が語り合うサロンを運営する京都市のNPO法人「和(なごみ)」理事の大塚茜さん(42)は「私たちも、もがき続けてきた」と振り返る。支援者の苦悩とは――。

 2011年3月11日、骨折のため京都市で入院していた大塚さんは病室で、被災者が発信するツイッターを見ていた。津波で大きな被害を受けた被災地の写真や、助けを求める声があふれていた。「何かしなければ」との思いが募った。

 勤めていた保育園の保護者におむつや古着の提供を呼びかけ、ツイッターで知り合った現地のボランティアを通じて被災地に送った。被災者が何を求めているのかを知るため、7月には宮城県石巻市を訪問。生々しい津波の傷痕と、寺に整然と並べられた犠牲者の200個を超える骨つぼを見て、継続的な支援活動に携わろうと決めた。

 京都には震災後、東京電力福島第1原発事故のため被災地から多くの人が避難してきた。中でも、幼い子どもを持つ母親は家の中で孤立しがちで、支援が必要だと感じた。

 10月に避難者が話し合ったり、情報交換したりできるサロンをスタート。すぐに20~30人の母親たちが集まり、地震発生時や避難生活のことを語…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文2021文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集