特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

厚労省職員23人が銀座で深夜まで酒席 「論外」厚労相が謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省職員が深夜に会食をしていたことについて、陳謝する田村憲久厚労相=国会内で2021年3月30日午前9時38分、竹内幹撮影
厚生労働省職員が深夜に会食をしていたことについて、陳謝する田村憲久厚労相=国会内で2021年3月30日午前9時38分、竹内幹撮影

 厚生労働省の職員23人が今月24日、東京・銀座の居酒屋で深夜まで送別会を開いていたことが判明した。この日は新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除された3日後だが、東京都など首都圏では午後9時までの営業時間短縮要請が継続されている。田村憲久厚労相は30日の閣議後記者会見で「いろいろな形で生活上の制約をお願いしている中、国民の信用を裏切る形になった。私からも深くおわびを申し上げる」と謝罪した。詳細を調査し、関係した職員を近く処分する方針。

 厚労省によると、送別会を開いていたのは介護保険などを担当する老健局の職員。午後7時過ぎに始まり、仕事を終えた職員が順次参加し、最終的に23人になったという。店内にはアクリル板は設置されておらず、職員らはマスクを外して大声を出していた。営業時間終了後も店に残り、全員が日付が変わる直前まで残っていたとしている。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文625文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集