特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

「ミャンマーODA慎重に」 自民外交部会などが決議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で 拡大
自民党本部=東京都千代田区で

 自民党外交部会、外交調査会の合同会議は30日、ミャンマーで多数のデモ参加者が銃撃などで死傷していることを受け、新規の政府開発援助(ODA)について「特に慎重を期すべきだ」などと日本政府に求める決議をとりまとめた。党内手続きを経て加藤勝信官房長官に提出する。

 決議は、民間人への暴力の即時停止をミャンマー国軍に求めることや、在ミャンマー邦人の安全確保に万全を期すことなども政府に要請する。「暴力の継続についてミャンマー国軍を強く非難する」との文言を盛り込んだが、「国軍を中国、ロシア側に追い込むことになりかねない」(衛藤征士郎外交調査会長)として抗議は控え、経済協力の停止には触れなかった。【青木純】

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集