不信任巡り応酬 安住氏「ちゅうちょなく」 二階氏「3倍努力」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の安住淳国対委員長=国会内で、竹内幹撮影
立憲民主党の安住淳国対委員長=国会内で、竹内幹撮影

 立憲民主党など野党3党の国対委員長は30日、国会内で会談し、菅政権の新型コロナウイルス対策の不備を問うため、内閣不信任決議案の提出準備に入ることで一致した。立憲の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「第4波を防げなかったり、ワクチン接種がうまくいかなかったりした場合は内閣総辞職に値する。そのために取り得る行動はちゅうちょなく取っていく」と述べた。

 一方、自民党の二階俊博幹事長は30日の記者会見で「大いに結構だ。国民になるほどと言われるような国政選挙を展開するため野党の3倍努力する」と述べ、野党が不信任案を提出した場合、政権側が衆院解散に打って出る姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文448文字)

あわせて読みたい

注目の特集