特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「ようやく実感湧いた」クラスター発生の京産大で1年遅れの入学式

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1年遅れの入学式に臨む2020年度に入学した学生ら=京都市北区の京都産業大で2021年3月30日午前11時40分、福富智撮影
1年遅れの入学式に臨む2020年度に入学した学生ら=京都市北区の京都産業大で2021年3月30日午前11時40分、福富智撮影

 京都産業大(京都市北区)で30日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で実施できなかった、2020年度新入生の入学式が開かれた。1年前には学生を中心にクラスター(感染者集団)が発生し、大学側に脅迫が相次いだり、学生や職員らが差別を受けたりする事態に。大学側も学内に「PCR検査センター」を設置するなど、徹底した感染対策に心血を注ぐ1年となった。

 京産大の学生でクラスターが起きたのは20年3月下旬。欧州を旅行して帰国した学生3人が感染したが、判明前にゼミやサークルの懇親会に参加し、感染が拡大。更に懇親会で感染した学生が、陽性と確認される前に京都府井手町職員との交流会に参加し、感染が広がる事態となった。

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1319文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集