文科省企画、教員の魅力発信「#」 窮状訴える投稿相次ぎ「炎上」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厳しい勤務環境を訴える投稿が相次いだことを受け、文部科学省は「改革を加速化させていく必要性を強く実感しています」と釈明した
厳しい勤務環境を訴える投稿が相次いだことを受け、文部科学省は「改革を加速化させていく必要性を強く実感しています」と釈明した

 教員志望者が減る中、教員を目指す若者たちに仕事の魅力を伝えようと、文部科学省が教員たちの声をツイッターなどのネット交流サービス(SNS)で広げる企画を立ち上げたところ、当初の思惑と異なり、教員からは過酷な労働環境を訴える投稿が相次いだ。

 萩生田光一文科相は30日の閣議後記者会見で、「『こんな職場に若い学生は来ない方がいい』みたいな意見もあって戸惑いを感じている」としつつ、「投稿いただいた先生がたの思いをしっかり受け止め、学校の『働き方改革』を進めていかなければならないとの意を強くした」と語った。

 企画名は「『#教師のバトン』プロジェクト」。現場の先生たちが教育活動に懸ける思いなどを教員を目指している学生や社会人に知ってもらおうと、文科省の若手職員たちが発案した。

 学校の日常の一コマや創意工夫、ちょっといい話などを「#(ハッシュタグ)教師のバトン」と付けてツイッターなどに投稿してもらおうというもので、今月26日にスタートした。

 ところが、いざ投稿を呼びかけてみると、…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文940文字)

あわせて読みたい

注目の特集