BPO「精神的健康状態への配慮が欠落」 テラハ木村花さん死去

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(委員長=奥武則・法政大名誉教授)は30日、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレス選手、木村花さん(当時22歳)が視聴者から誹謗(ひぼう)中傷を受けた末に昨年5月に死去した問題について、花さんの精神的な健康状態への配慮が欠けていた点で、フジに放送倫理上の問題があったとの見解を出した。人権侵害は認めなかった。

 テラスハウスは、一般募集などで集まった男女6人の共同生活や恋愛模様を見せるリアリティー番組。審理対象となったのはフジが昨年5月19日未明に放送した回で、男性共演者がプロレスのコスチュームを誤って洗濯するなどし、花さんが強く非難する場面が流された。この回は、動画配信サービス「ネットフリックス」で同3月末に先行配信などもされ、ネット交流サービス(SNS)上で中傷が増えた後、花さんは自傷行為に及んでい…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1217文字)

あわせて読みたい

注目の特集