日本のジェンダーギャップ指数120位 過去ワースト2位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉内閣の女性閣僚は2人にとどまる=首相官邸で2020年9月16日午後10時19分、玉城達郎撮影 拡大
菅義偉内閣の女性閣僚は2人にとどまる=首相官邸で2020年9月16日午後10時19分、玉城達郎撮影

 スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」(WEF)は31日、世界各国の男女格差を測る「ジェンダーギャップ指数」の最新ランキングを発表した。2020年の日本の順位は156カ国中120位。119位はアフリカの産油国で長期独裁政権が続いたアンゴラだった。過去最低となった19年の153カ国中121位より一つ向上したが、過去2番目に低い順位だった。政治、経済分野の男女格差が改善されず、主要7カ国(G7)中でも最低だった。

 指数は各国の政治▽経済▽教育▽健康――の4分野14項目の男女間格差を総合して数値化し、順位付けしている。順位のもととなるジェンダーギャップ指数は男女平等の達成率を表し、日本は65・6%。19年の65・2%とほぼ同じだった。

日本オリンピック委員会前で、メッセージを掲げて東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言に抗議する女性=東京都新宿区で2021年2月7日午後2時29分、小川昌宏撮影 拡大
日本オリンピック委員会前で、メッセージを掲げて東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言に抗議する女性=東京都新宿区で2021年2月7日午後2時29分、小川昌宏撮影

 分野別では、国会議員の女性比率などに基づく政治分野が147位(19年144位)▽女性管理職比率などに基づく経済分野が117位(同115位)▽識字率や在学率に基づく教育分野が92位(同91位)▽健康寿命などに基づく健康分野が65位(同40位)――だった。

 世界で最も男女格差の小さい国は19年に続きアイスランドで、平等達成率は89・2%だった。世界全体で男女格差の解消にかかる見込み期間は135年。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受け、19年の99・5年から大幅に拡大した。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

あわせて読みたい

注目の特集