日本遺産スタンプラリー 高山市観光PRへ あすから /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
普及啓発のため開始される「日本遺産スタンプラリー」のスタンプ帳画面。スマホのGPS機能を使用し、スタンプが集められる=岐阜県高山市花岡町の高山市役所で2021年3月25日、大竹禎之撮影
普及啓発のため開始される「日本遺産スタンプラリー」のスタンプ帳画面。スマホのGPS機能を使用し、スタンプが集められる=岐阜県高山市花岡町の高山市役所で2021年3月25日、大竹禎之撮影

 高山市は4月1日から、「日本遺産スタンプラリー」を実施する。2016年4月に市が国から認定を受けた日本遺産「飛驒の匠(たくみ)の技・こころ―木とともに、今に引き継ぐ1300年―」の構成文化財を歩いて巡ってもらい、市の観光施設の奥深さをPRする狙いがある。

 高山地域の構成文化財を歩いて巡るコースは「高山城とゆかりの建築物」、「近世・近代の匠達」、「木を生かす伝統工芸」の三つ。それぞれ6カ所にスタンプスポットを…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集