公立小の学級編成35人に引き下げ 改正義務標準法が成立

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
文部科学省=東京都千代田区で
文部科学省=東京都千代田区で

 現在は40人(小1は35人)と定められている公立小学校の学級編成の上限を35人に引き下げる改正義務標準法が31日、参議院本会議で可決・成立した。2021年度はまず小2を35人とし、下の学年から毎年1学年ずつ引き下げることで、25年度に全学年の「35人学級」を実現する。

 文部科学省によると、小学校の学級編成の一律引き下げは、現行の40人学級の実現が決まった1980年以来41年ぶり。少子化の影響で、公立小の学級…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集