富士フイルムHDの古森会長退任 「やるべきことは成し遂げた」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見後の記念撮影に臨む(右から)富士フイルムホールディングスの古森重隆会長兼CEO、次期社長兼CEOとなる後藤禎一取締役、次期会長の助野健児社長=東京都内のホテルで2021年3月31日午後3時56分、手塚耕一郎撮影
記者会見後の記念撮影に臨む(右から)富士フイルムホールディングスの古森重隆会長兼CEO、次期社長兼CEOとなる後藤禎一取締役、次期会長の助野健児社長=東京都内のホテルで2021年3月31日午後3時56分、手塚耕一郎撮影

 富士フイルムホールディングス(HD)は31日、古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO、81)が6月の株主総会後に退任し、最高顧問に就くと発表した。20年あまり経営の先頭に立ち、斜陽化する祖業の写真フィルムから医療や事務機器を中心にした事業構造に転換し、会社を復活させた。東京都内で開いた記者会見で「やるべきことは成し遂げた。後進に託す適切な時期が来た」と語った。

 後藤禎一取締役(62)が社長兼CEOに就任し、助野健児社長兼最高執行責任者(COO、66)は会長兼取締役会議長としてガバナンス(企業統治)強化に努める。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1124文字)

あわせて読みたい

ニュース特集