特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

電子図書館、巣ごもり需要で利用好調 紙にはない楽しみ方も魅力

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
網走市立図書館の電子図書館は、運用開始から3カ月で既に900人以上が登録している=同市で2021年3月16日午後0時10分、本多竹志撮影
網走市立図書館の電子図書館は、運用開始から3カ月で既に900人以上が登録している=同市で2021年3月16日午後0時10分、本多竹志撮影

 電子書籍を貸し出す北海道内の自治体の「電子図書館」の利用が好調だ。昨年12月に運用を始めた網走市では、3カ月で市立図書館の貸出数の約1割を電子図書が占めるまで定着し、昨年度より貸出数が倍増した自治体もある。新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもり需要が、図書館利用の底辺拡大に役立っている。

網走では貸し出しの1割「電子化」

 「24時間、365日、どこでも自由に読書を」――。網走市立図書館はこんなうたい文句で、電子図書館の利用をPRしている。「お母さんには子どもへの読み聞かせ用の絵本、高齢者には往年の名作がそろった『青空文庫』が人気のようです」と担当者は話す。

 昨年12月15日に蔵書約2000冊からスタートし、3カ月で約3000冊まで増やした。3月6日現在の登録者数は905人、延べ貸出数は2340冊。通常の貸し出しが月1万冊余りなので、1割弱が電子図書の利用だ。

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1322文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集