特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

NHKを辞めたワケ 近江友里恵さん、心に刻まれた隈研吾さんの言葉/上

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える元NHKアナウンサーの近江友里恵さん=東京都千代田区で2021年3月20日、竹内紀臣撮影
インタビューに答える元NHKアナウンサーの近江友里恵さん=東京都千代田区で2021年3月20日、竹内紀臣撮影

 人なつっこい笑顔で「近江ちゃん」として視聴者に親しまれたNHKの元アナウンサー、近江友里恵さん(32)。3月5日の放送で、朝の情報番組「あさイチ」のキャスターを卒業し、表舞台から姿を消した。番組内でも説明していた通り、3月いっぱいでNHKを辞め、今後は街づくりの仕事に関わるという。近江さんはなぜ今、転職を選択したのか。番組では話すことができなかった思いを全て、毎日新聞にだけ語り尽くしてくれた。そんな近江さんのインタビューを前後編の2回でお届けする。【佐々本浩材】

4月から三井不動産に転職

 有働由美子アナウンサー(52)の後を受け、2018年4月から「あさイチ」のキャスターを務めていた近江さんが、今年3月末でNHKを退職すると報道されたのは2月10日のこと。その日の番組冒頭で「ちょっとお騒がせしておりますが、改めてまたお話をさせていただければと思います」と近江さんが認めたため、ネット上は近江さんの今後で持ちきりになった。最後の番組出演となった3月5日の「あさイチ」では、「街づくりの仕事に関わることになりました」と説明したものの、それ以上詳しいことは明かされなかった。

 実は近江さんは4月1日付で三井不動産に中途採用で入社した。3月に取材した時点では「総合職として街づくりの仕事に関わることになりました。配属はまだ聞いていないので、具体的には何の仕事をするかというのは未定です」と話していた。

 退職報道は、番組内で近江さんが多くを語らなかったため、「専業主婦になる」「フリーアナウンサーとして独立する」などと臆測が飛び交った。…

この記事は有料記事です。

残り3866文字(全文4534文字)

あわせて読みたい

注目の特集