特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン接種、国内100万回超え 人口の1%未満、出遅れ鮮明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米ファイザー製のワクチンが充てんされた注射器=福岡県古賀市で2021年2月22日午後2時24分、須賀川理撮影
米ファイザー製のワクチンが充てんされた注射器=福岡県古賀市で2021年2月22日午後2時24分、須賀川理撮影

 国内での新型コロナウイルスのワクチン総接種回数が31日時点の累計で100万回を超えた。接種開始から約1カ月半での到達だが、現時点では医療従事者らに限られ、接種を受けた人は人口の1%に満たない。主要国からは大きく遅れている。

 国内では2回接種の米ファイザーのワクチンが実用化されている。厚生労働省によると、31日午後5時時点で100万2739回で、2回目を完了した人は12万5580人。一部の医療従事者らを対象に2月17日に接種を開始した直後は1日数千回のペースだったが、優先接種が本格化したことで、最近は1日数万回ずつ増えている。

 英オックスフォード大の研究者らが運営する「Our World in Data」によると、米中両国ではそれぞれ1億回を突破。少なくとも1回の接種を受けた人は、イスラエルでは人口の6割を超え、英国4割、米国3割、欧州連合(EU)1割と、日本を大きく上回る。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文695文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集