特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

104歳の聖火ランナー 毎日1000歩、念願の200m完走

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トーチを掲げる箱石シツイさん(左から2人目)=栃木県那須烏山市で2021年3月28日午後7時59分(代表撮影)
トーチを掲げる箱石シツイさん(左から2人目)=栃木県那須烏山市で2021年3月28日午後7時59分(代表撮影)

 栃木県内の聖火リレーでは191人が16市町を巡った。特に注目を集めたのは、初日と2日目の最終区間に登場した3人のランナー。それぞれの思いを胸に、トーチをつないだ。

104歳のランナー 毎日1000歩「念願かなう」

 1日目の最終区間・那須烏山市では次第に雨が強くなる中、104歳の現役理容師で県内最高齢ランナーの箱石シツイさん(那珂川町)が、しっかりとした足取りで200メートルを完走した。

 箱石さんは28日午後7時50分ごろに聖火を受け取って善念寺前を出発。時折沿道から起きる大きな拍手に手を振って応えながら、長男英政さん(77)と一緒に歩を進めた。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文941文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集