特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月9日~25日)の特集サイトです。

特集一覧

東海大相模・石田「手が出ない」キレで三振の山 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大相模-天理】力投する東海大相模先発の石田=阪神甲子園球場で2021年3月31日、吉田航太撮影
【東海大相模-天理】力投する東海大相模先発の石田=阪神甲子園球場で2021年3月31日、吉田航太撮影

 第93回選抜高校野球大会は第10日の31日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝が行われ、東海大相模(神奈川)が天理(奈良)を2―0で破り、2回目の優勝を果たした第83回大会(2011年)以来5回目の決勝進出を果たした。

 東海大相模の先発左腕・石田の直球の伸びが、相手の想像を上回った。無四球、15奪三振の付け入るすきのない完封劇。左腕が試合の支配者となった。

 一回2死一塁。相手は、ポイントになる打者として警戒していた4番の瀬。初球に投じたのは「一番良かった」という直球だ。内角高めで見逃しストライクを奪うと、その後も内角攻めを貫いて空振り三振に仕留めた。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文892文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集