特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

畔柳の先発回避決断は今朝 中京大中京・高橋監督 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明豊-中京大中京】四回から登板した中京大中京の畔柳=阪神甲子園球場で2021年3月31日、猪飼健史撮影 拡大
【明豊-中京大中京】四回から登板した中京大中京の畔柳=阪神甲子園球場で2021年3月31日、猪飼健史撮影

 第93回選抜高校野球大会は第10日の31日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝が行われ、中京大中京(愛知)は明豊(大分)に4―5で破れた。

中京大中京・高橋源一郎監督

 畔柳(亨丞投手)は疲労が残っており、1試合投げ切るのは無理だと判断した。(先発回避を決めたのは)きょうの朝ですね。柴田(青投手)は東海大会でも先発の経験があり、畔柳が投げないなら柴田をということ。三回までは良かったが、明豊はスイングが強く、浮いた球は逃さない。それが四回の大量失点につながったと思う。

 畔柳はゲームとしては後半に(投入)と考えていたが、流れを変えないと一方的な展開になると考えて、予定を早めて四回途中に(柴田投手から)スイッチした。(六回を終えての降板は)投げられない状態(のため)。けがではない。肩、肘とかではないと聞いている。体に力が入らないとしか聞いていない。

 柴田、大江(嶺投手)はよく投げてくれた。これは夏につながると思う。(今後の課題は)きょうは収穫があったが、畔柳の前後を任せられるような、信頼できる投手(の育成)と、打撃ですね。特に打撃については、好投手に対してしっかり振り抜くことができなかった。持ち味である小技を使った攻撃を生かしながら、打力をつけていきたい。

【明豊-中京大中京】六回裏中京大中京1死二、三塁、加藤の左前打で二塁走者原も生還=阪神甲子園球場で2021年3月31日、藤井達也撮影 拡大
【明豊-中京大中京】六回裏中京大中京1死二、三塁、加藤の左前打で二塁走者原も生還=阪神甲子園球場で2021年3月31日、藤井達也撮影

「夏に戻ってきたい」原尚輝主将

 結果を欲しがるのではなく、相手投手のボールをしっかりと初球から振っていくという姿勢を大事にしたが、なかなか自分も(含めて)結果を出せなかった。自分の実力が足りない、と大会を通して感じさせられた。

 (二回のファウルフライを好捕したプレーは)カメラマン席の位置までの距離を把握していた。投手が打ち取った打球だったので、必ず捕球してやるという執念だった。

 (甲子園は)今でも憧れの舞台だが、日本一のためには、ここで勝たなくてはいけなかった。個々の能力のレベルアップはもちろん、相手投手や相手チームに向かっていく姿勢を重視し、チームでもっと束になって試合の入りから向かっていけるよう準備をしたい。必ずまた夏に、この舞台に戻って来られるようレベルアップしたい。

決勝戦もライブ中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、決勝もライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集