特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

明豊、臨機応変・盤石の継投で未踏の地に到達 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
力投する明豊先発の太田=阪神甲子園球場で2021年3月31日、吉田航太撮影 拡大
力投する明豊先発の太田=阪神甲子園球場で2021年3月31日、吉田航太撮影

 第93回選抜高校野球大会は第10日の31日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝が行われ、明豊(大分)が中京大中京(愛知)を5―4で破り、春夏通じて初の決勝進出を果たした。明豊は東海大相模(神奈川)と決勝(4月1日午後0時半開始予定)で対戦する。

 「俺に任せろ」「後は任せた」。六回に2点差に迫られ、なおも2死二塁の場面。明豊の先発左腕・太田の後を継いだエース右腕・京本は中京大中京の次打者を一飛に仕留め、反撃を断ち切った。京本は最後まで投げ抜くと、マウンドで長い両腕を広げて喜んだ。

 甲子園で初めて決勝進出を決めた明豊の躍進を支えるのが、「形を決めず臨機応変に」という川崎監督の継投策だ。それを可能にするのが、三者三様の投手陣だ。内外角を巧みにつく左腕の太田、189センチの長身で投げ下ろす右腕の京本、そして右横手の財原。「上下左右」と投手の投げる角度を小刻みに変えることで、相手打者の目先を惑わせる。

決勝進出を決め喜ぶ明豊2番手の京本=阪神甲子園球場で2021年3月31日、吉田航太撮影 拡大
決勝進出を決め喜ぶ明豊2番手の京本=阪神甲子園球場で2021年3月31日、吉田航太撮影

 先発予想も難しく、先発は京本、太田、京本、太田と日替わりで投球回数もさまざま。準々決勝の智弁学園(奈良)戦は3投手が3イニングずつ投げて競り勝った。変幻自在の継投策は昨秋の九州大会でも積極的に活用。主将の幸は「3枚いることはチームの強み」と胸を張る。

 優勝候補を立て続けに破る快進撃が続くが、京本は表情を引き締める。「(チーム過去最高だった)ベスト4を超えられたのはうれしいが、目指しているのは日本一」。盤石の継投でさらなる高みを目指す。【吉見裕都】

決勝戦もライブ中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、決勝もライブ中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集