23年度70トンと明記 再処理機構が中期計画 /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経済産業省の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は31日、2023年度までの3年間に日本原燃に委託する使用済み核燃料再処理事業に関わる中期計画を公表した。計画の中では、23年度に70トンの使用済み燃料を再処理することが明記された。

 同機構は、日本原燃が発表している暫定の操業計画と、電気事業連…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

あわせて読みたい

注目の特集