盲学校生の作文コン 夏の挑戦つづる 埼玉・吉川で入選作掲示 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
掲示された作文を示す「CAソルア」主将の岩田朋之さん=埼玉県吉川市のイオンタウン吉川美南で
掲示された作文を示す「CAソルア」主将の岩田朋之さん=埼玉県吉川市のイオンタウン吉川美南で

 視覚障害のある子が「この夏、私が挑戦したこと」をテーマに書いた作文のコンクールが昨年秋に開かれ、入選作品が埼玉県吉川市のイオンタウン吉川美南で掲示されている。

 弱視の人がプレーする障害者サッカー「ロービジョンフットサル」のチーム「CAソルア」(葛飾区)が主催したところ、都内などの盲学校に通う約30人から応募があった。

 特別賞に選ばれた埼玉県立特別支援学校塙保己一学園中学部2年、カーン・ファティマさんは、苦手だった1人での留守番を克服しようと、あえて長時間1人で過ごした経験を点字でつづった。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文635文字)

あわせて読みたい

注目の特集