しが☆スポ eスポーツ人気拡大 同好会誕生 野洲高校 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
陣取りゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の練習に励む滋賀県立国際情報高コンピューター部の部員ら=滋賀県栗東市小野の同校で
陣取りゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の練習に励む滋賀県立国際情報高コンピューター部の部員ら=滋賀県栗東市小野の同校で

 対戦型コンピューターゲームで競う「eスポーツ」。2018年に「全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社主催、サードウェーブ共催)が開幕。県内の高校でもeスポーツ同好会が誕生するなど人気が拡大している。【菅健吾】

 県立野洲高校は20年7月、県内の高校では初のeスポーツ同好会を設立した。設立に関わったのは顧問の小林太樹さん(40)と大畑雄紀さん(18)=今春卒業。2人は男子バスケットボール部の顧問と主将だったが、部員不足でなかなか試合に勝てずにいた。休み時間にスマホのゲームをする生徒をよく目にした小林さん。「バスケでなくてもゲームを真剣に取り組み、大会に出れば実績になる」と、大畑さんらバスケ部員に提案した。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文851文字)

あわせて読みたい

注目の特集