福山琴、救え “たる募金”第2弾 和楽器バンド、市に400万円寄付 「伝統文化 次代に」 福山 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福山琴の支援のために集めた寄付金を届けた和楽器バンドのメンバーいぶくろ聖志さん=広島県福山市東桜町の福山市役所で2021年3月26日午後2時3分、関東晋慈撮影
福山琴の支援のために集めた寄付金を届けた和楽器バンドのメンバーいぶくろ聖志さん=広島県福山市東桜町の福山市役所で2021年3月26日午後2時3分、関東晋慈撮影

 福山市の伝統工芸「福山琴」を支援しようと、和楽器と洋楽器を融合させたロックバンド「和楽器バンド」が募金で集めた約400万円を市に寄付した。琴演奏を担当するメンバー、いぶくろ聖志さん(37)は市役所を訪れ「子供たちが伝統文化に出会うきっかけになるように活用してほしい」と話した。

 福山琴は福山城下で江戸時代初期から作られた。最高級の桐材に職人が精巧な細工を施し、優れた音色で高い評価を受け、…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集