特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

社説

コロナ下の就職活動 変わる社会見すえ選ぼう

 来春卒業する大学生の就職活動が本格化している。新型コロナウイルスの感染拡大で経済の先行きが見通せない中、不安も大きいことだろう。

 企業説明会や面接がオンライン方式に切り替わり、困惑が広がったのが昨年の就活だった。

 オンラインには、場所や時間の制約を受けない利点がある一方、職場の雰囲気がつかみにくくなる短所もある。今年は対面も増えそうだ。双方を組み合わせて、企業との接点を広げる機会にしたい。

 一時は就職氷河期の再来も懸念されたが、長期的な人手不足への警戒感は根強く、多くの企業は採用意欲を失っていない。

 むしろ、人材を囲い込む動きが強まり、内定を出す時期が前倒しされている。早くから就活に時間を取られて学業がおろそかにならないような目配りが欠かせない。

 一方で旅行や運輸では、業績悪化で新卒採用を見送ったり、減らしたりする企業が相次いでいる。

 これらの業種を希望する学生は多い。企業には、業績回復後に中途採用を増やすなど、既卒者への配慮を求めたい。

 採用や人材育成のあり方にも変化が生じている。

 日本の大企業では、異動や転勤を重ねてさまざまな業務を経験するのが一般的だ。しかし近年は、高度な専門知識を持った若者を即戦力として雇う事例も出てきた。

 長時間労働の見直しが進み、家庭の事情に配慮した働き方への理解も深まっている。

 主体的にキャリアを形成する必要性が、これまで以上に増している。同時に、ライフスタイルに適した働き方を選ぶ余地も広がりつつある。

 社会はデジタル化や脱炭素化にコロナ禍が加わり、大きな変革期にある。それに向き合うのが、これから社会に踏み出す若者だ。

 たとえ大企業でも、環境対策を怠ったり、生活様式の変化についていけなかったりすれば、たちまち経営は傾く。一方で、小規模なスタートアップ企業でも、時代の潮流をつかめば急成長は可能だ。

 何が最善の選択なのかは難しい。景気低迷時には安定志向が強まりがちだが、社会がどう変わるのかをじっくり考え、納得のいく結論を出してほしい。

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集