特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナウイルス 武漢漏えい「極めて低い」 WHO報告、日米など懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 世界保健機関(WHO)は3月30日、新型コロナウイルスの起源解明のため中国湖北省武漢市で実施した調査の報告書を公表した。有力な起源として、元々ウイルスを保有していた動物から中間宿主の動物を介して人間に感染した可能性を指摘。また、中国の研究施設からウイルスが漏えいした可能性については「極めて低い」とした。宿主の動物は特定できておらず、テドロス事務局長は「報告書は重要な始まりであり、終わりではない」と、更なる調査の必要性を強調した。

 ロイター通信によると、テドロス氏は「調査チームは私との協議で、元データへのアクセスで直面した困難を語った。今後の共同研究では、より迅速で包括的なデータ共有を期待する」などと述べた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文970文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集