ナワリヌイ氏、ハンガーストライキ宣言 収監中に健康悪化で抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ナワリヌイ氏=モスクワで2月20日、AP
ナワリヌイ氏=モスクワで2月20日、AP

 刑務所に収容されたロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏が3月31日、背中の強い痛みなどが悪化しているのに十分な治療が受けられないとして、ハンガーストライキの開始を宣言した。ナワリヌイ氏は十分な睡眠時間が与えられないなどの「拷問」も訴えている。欧米諸国からは処遇改善や釈放を求める声が出ており、対露関係をさらに悪化させる要因になりそうだ。

 ナワリヌイ氏が写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿したメッセージなどによると、ナワリヌイ氏は1月の逮捕後、勾留中に背中に痛みを感じるようになり、3月11日に収監された後に悪化。痛みが足にも広がり、右足の感覚がなく、左足にもまひが広がっているという。しかし、治療は1日に2錠の鎮痛剤と鎮痛用の塗り薬を与えられるだけだとして、「私には医師を招き、薬を受け取る権利がある」として専門医による治療などを求…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文795文字)

あわせて読みたい

注目の特集