特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

「震災の余震」 もう使いません 気象庁、防災の継続を呼びかけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁=東京都港区虎ノ門3で2020年11月26日午後1時54分、黒川晋史撮影
気象庁=東京都港区虎ノ門3で2020年11月26日午後1時54分、黒川晋史撮影

 気象庁は1日、東日本大震災の地震の余震域内で起きる地震でも同日午前10時からは余震として発表しない方針を明らかにした。震災から10年がたち、余震域での地震発生数が震災前の水準に近づいているため。東北地方は元々大きな地震が起きる確率が高く「余震」という発表により、次の震災への防災意識が下がるのを避ける狙いもある。

 気象庁は震災以降、青森県沖から千葉県沖までの南北約600キロ、東西約350キロの領域を「余震域」に設定。この領域で起きた地震を、メカニズムに関係なく震災の「余震」と発表してきた。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文722文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集