聖徳太子1400年遠忌記念 法隆寺で27年ぶり公開の仏像展示

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2歳の聖徳太子が祈りをささげた際の姿と伝わる「聖徳太子二歳像」=奈良県斑鳩町の法隆寺大宝蔵殿で2021年4月1日午前11時50分、加藤佑輔撮影
2歳の聖徳太子が祈りをささげた際の姿と伝わる「聖徳太子二歳像」=奈良県斑鳩町の法隆寺大宝蔵殿で2021年4月1日午前11時50分、加藤佑輔撮影

 聖徳太子1400年遠忌を記念した特別展示「法隆寺の信仰と宝物」が1日、奈良県斑鳩町の法隆寺大宝蔵殿で始まった。27年ぶりの公開となった文殊菩薩(ぼさつ)騎獅(きし)像(室町時代)など普段公開していない仏像などの宝物を展示している。6月30日まで。

 仏像や仏画などを中心に、国宝2件、重文28件を含む計79件を展示。2歳の聖徳太子…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集