特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

突然の聖火リレー中止表明 ランナー落胆「大阪で途切れるの残念」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府内を走る聖火リレーのセレブレーションが開催される予定の大阪市中央公会堂の前に設置されている、聖火リレーを告知する看板=同市北区で2021年4月1日、滝川大貴撮影
大阪府内を走る聖火リレーのセレブレーションが開催される予定の大阪市中央公会堂の前に設置されている、聖火リレーを告知する看板=同市北区で2021年4月1日、滝川大貴撮影

 大阪市内での東京オリンピックの聖火リレーが1日、取りやめの方向となった。新型コロナウイルスの感染再拡大で、同市内に「まん延防止等重点措置」が適用されることから、不要不急の密を避けるためとして吉村洋文・大阪府知事らが表明した。本番を約2週間後に控えた突然の判断に、ランナーには落胆が広がった。

 「大阪で聖火が途切れてしまうのは残念。マスクを着けて走るなど、感染対策をしながら実施する方法はないのか」。14日に大阪市役所(同市北区)周辺でトーチをつなぐ予定だった山本潤二さん(62)=同市=は語った。定年退職の半年前に脳梗塞(こうそく)を発症。当初は車椅子生活だったが、リハビリに取り組み、つえを使って歩けるまでに回復した。「聖火リレーを一つの目標にリハビリを続けてきた。ここまで回復できたことをお世話になった人たちに見てほしかった」

 「感染者数が増えて、もしかしたらあかんかなと思っていたけど、中止すると聞いてびっくりした」。市内を走る聖火ランナーの一人だった同市の会社員、島津真理さん(57)はそう語った。日本がボイコットした1980年モスクワ五輪出場を目指していた元競泳選手の島津さんは「無観客にして、聖火だけでもつなげられたらいい」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1507文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集