特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

東海大相模・門馬監督がサヨナラ前に伝えた言葉 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明豊-東海大相模】サヨナラで優勝を決め、グラウンドで喜び合う東海大相模の選手たち(奥)=阪神甲子園球場で2021年4月1日、猪飼健史撮影 拡大
【明豊-東海大相模】サヨナラで優勝を決め、グラウンドで喜び合う東海大相模の選手たち(奥)=阪神甲子園球場で2021年4月1日、猪飼健史撮影

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は最終日の1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、東海大相模(神奈川)が、明豊(大分)を3―2で破り、10年ぶり3回目の優勝を果たした。

東海大相模・門馬敬治監督

 粘り勝ち。最後の最後までしぶとく執念を持って戦った。小島(大河選手)の(サヨナラの)一打が全てを物語っていると思う。(サヨナラ機に)小島にはチームテーマの「つなぐ」を貫き通せと伝えた。

 明豊の選手たちが気迫を持って向かってきた。その姿勢に完全に押されていたと思う。そこを何とか崖っぷちのところで踏みとどまったことが、サヨナラ勝ちにつながった。

 (継投については)

 最後は石田(隼都投手)と決めて、きょう甲子園に来た。選手たちにもそう伝えて、最後は石田で締めくくった。

 昨秋(の関東大会準々決勝で)、サヨナラ負けして始まったチーム。サヨナラで(きょう)最後を締めくくれて、うれしく思う。

 (急性胃腸炎で入院中の)大塚(瑠晏主将)は病気と闘っている。我々はグラウンドで戦った。きょうの一戦、大塚も一緒に戦ってくれた。全ての選手の力で勝利をつかみ取った。

 (昨年の甲子園大会がなくなり、卒業した)3年生、東海大相模だけでなく全国の3年生(の思い)。開会式の選手宣誓で仙台育英の主将が「2年分の甲子園」という言葉で表現してくれた。すべての高校野球が甲子園に戻ってきたと思っている。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集