特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

東海大相模・石田「攻めた」 憧れと同じ頂に立つ 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
六回から登板した東海大相模の石田=阪神甲子園球場で2021年4月1日、山崎一輝撮影
六回から登板した東海大相模の石田=阪神甲子園球場で2021年4月1日、山崎一輝撮影

 第93回選抜高校野球大会は最終日の1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、東海大相模(神奈川)が明豊(大分)に3―2でサヨナラ勝ちし、第83回大会(2011年)以来10年ぶり3回目の優勝を果たした。優勝回数は東邦(愛知)の5回、中京大中京(同)の4回に次ぐ3位タイ。春夏通算5回目の優勝は6位タイとなった。

 試合終盤、マウンドには、やはりこの左腕がいた。六回途中から登板し、九回は安打と自身の暴投で1死二塁のピンチを招いたが、コーナーに切れのある直球と緩い変化球を正確に投げ込み後続を断つ。エースの力投に応えるようにその裏、味方が劇的勝利となる1点をもぎ取った。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文823文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集