特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

「絶対日本一」 東海大相模、試合前に主将と約束 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明豊-東海大相模】3試合連続でベンチ不在となった東海大相模の大塚瑠晏主将のユニホームを持って記念撮影をする東海大相模の選手たち=阪神甲子園球場で2021年4月1日、藤井達也撮影 拡大
【明豊-東海大相模】3試合連続でベンチ不在となった東海大相模の大塚瑠晏主将のユニホームを持って記念撮影をする東海大相模の選手たち=阪神甲子園球場で2021年4月1日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は最終日の1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、東海大相模(神奈川)が、明豊(大分)を3―2で破り、10年ぶり3回目の優勝を果たした。

東海大相模・門馬功主将代行「お父さんを日本一にできた」

 (九回1死満塁の攻撃で)小島(大河)選手の打球が(中堅へと)抜けた瞬間、優勝したと思った。すごくうれしい。(父の門馬敬治監督との)親子での優勝は、自分しか味わうことができず、「お父さんを日本一にしたんだ」という気持ち。

 (急性胃腸炎で入院した)大塚(瑠晏)主将には「日本一を取れたよ」と伝えたい。主将としてチームを引っ張ってくれていたので、優勝をささげたかった。大会途中から不在になったが、その分を一人一人がカバーをし合い、チームのまとまりができていた。試合前に(無料通信アプリ)LINE(ライン)でやりとりした。(大塚主将から)「頼むよ」と送られてきたので、「絶対、日本一を取るよ」と返した。

 コロナ禍の中で大会を開催してもらい、感謝の気持ちでいっぱい。今後は、また一からやっていきたい。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集