特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン、動物用露で承認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロシア動植物衛生監督庁は3月31日、傘下の研究機関が開発した動物用新型コロナウイルスワクチンの使用が承認されたと明らかにした。タス通信が報じた。2020年10月に始まった臨床試験(治験)で有効性や安全性が確認され、4月にも大量生産を始める予定だという。動物向けとして「現時点では世界で唯一のワクチン」だとしている。

 タス通信によると、承認されたのは肉食獣向けの不活化ワクチン「カルニワク・コブ」。治験は犬や猫、ミンク、キツネなどを対象とし、ワクチンを投与したすべての動物に抗体が確認された。抗体は6カ月間は維持されているという。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文432文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集