同僚のお迎え、消防車出動 岸和田市・消防士 懇親会で泥酔、保護 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岸和田市消防本部の20代の男性消防士が3月、市内で職場の懇親会に出席して泥酔し、保護された警察署に別の消防士が消防車両で迎えに行っていたことが1日、関係者への取材で判明した。当時、府内では新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解除されていたが、感染拡大を防ぐため4人以下での会食が呼び掛けられていた。消防本部は処分を検討している。

 関係者や消防本部によると、男性消防士は3月23日、20~30代の同僚7人と市内の飲食店で懇親会を開催。解散後の24日未明、酔い潰れて路上で寝ていたところを警察官が保護した。その後、岸和田署から連絡を受けた別の消防士が消防車両2台で迎えに行ったという。消防本部によると、送迎に使った車は指揮車と警備活動車と呼ばれる緊急車両で、指揮車は火災現場に出動して消火活動を指示する。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文466文字)

あわせて読みたい

注目の特集