特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 東海大相模3-2明豊(その1) 東海大相模、執念の要

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大相模-明豊】九回裏東海大相模1死満塁、小島がサヨナラ打を放つ=阪神甲子園球場で2021年4月1日、猪飼健史撮影
【東海大相模-明豊】九回裏東海大相模1死満塁、小島がサヨナラ打を放つ=阪神甲子園球場で2021年4月1日、猪飼健史撮影

 <2021 第93回センバツ高校野球>

決勝(1日・阪神甲子園球場)

 東海大相模がサヨナラ勝ちした。1点を追う五回に小平と求の二塁打で同点とし、九回は深谷のバント安打を皮切りに犠打、申告敬遠、四球で1死満塁とし、小島が決勝の遊撃強襲安打を放った。先発・石川から求につなぎ、最後は六回途中から登板のエース石田が締めた。明豊は先行したが、五回以降は好機を生かせなかった。

堅守支え、サヨナラ打 感動2年分、新戦力はじけ

 2年ぶりに戻ってきた甲子園大会にふさわしく、幕切れは劇的なサヨナラだった。決着をつけたのは東海大相模の小島。同点の九回1死満塁、自分の放った強い打球が前進守備から横っ跳びした明豊・遊撃手の幸のグラブをはじいた瞬間、喜びが湧き起こった。「うれしいしか、なかった」

 2球連続でストライクを見逃し、追い込まれた。「どんな球でも打つ」と頭を切り替えた。外角高めのボールにも見える直球に手を出し一塁まで疾走した。

 昨秋の関東大会準々決勝で東海大甲府(山梨)にサヨナラ負けした時、チームは大胆な改造に踏み切った。その最たるものが、大会直前に正二塁手だった小島の捕手へのコンバートだ。「誰よりも捕球がうまい」(門馬監督)という背番号「4」が扇の要に入ったことで守りが安定。現在のチームが目指す「守り勝つ野球」の完成度が一気に高まった。その小島が攻撃でも最後に大きな仕事をやってのけた。

 決勝は相手に2度先行されたが、その度に追いつき、最後に追い越した。仕上げは守備の象徴たる小島。門馬監督は「最後の、最後までしぶとく執念を持って戦った。小島の一打がチームのすべてを物語っている」と語った。

 全5試合で得点17。派手さはないが、わずかに失策1、失点3。どんな劣勢でも堅い守りは乱れず相手に競り勝つ。玄人好みの好チームが、3度目の頂点に立った。【岸本悠】

強気攻め、自信の45K 石田隼都(はやと)投手 東海大相模・3年

六回途中から登板し無失点と好投した東海大相模の石田=阪神甲子園球場で2021年4月1日、山崎一輝撮影 拡大
六回途中から登板し無失点と好投した東海大相模の石田=阪神甲子園球場で2021年4月1日、山崎一輝撮影

 試合終盤、マウンドには、やはりこの左腕がいた。六回途中から登板し、九回は安打と自身の暴投で1死二塁のピンチを招いたが、コーナーに切れのある直球と緩い変化球を正確に投げ込み後続を断つ。エースの力投に応えるようにその裏、味方が劇的勝利となる1点をもぎ取った。

 今大会の全5試合に登板し、2完封を含め29回3分の1を無失点。403球を投げ、イニング数を大きく上回る45奪三振の圧巻の投球を振り返り、「強気に攻められた。自信につながる」と喜んだ。

 前日の準決勝は122球を投げて完封し、門馬監督は「精神的な疲労もある。つないで最後は石田」と、先発マウンドには1回戦で先発した右腕・石川を送った。四回1死満塁のピンチで2年生右腕・求に継投した場面で石田は伝令としてマウンドに駆け寄り、「腕を振ってこい」と鼓舞した。求は犠飛を許したが最少失点で切り抜け、門馬監督は「(主将の)大塚がいない状況で、大黒柱は石田。あの究極の場面で、選手に安心感を与える」と信頼を口にする。

 昨秋の関東大会準々決勝では先発して八回まで0を並べながら九回に四球をきっかけに逆転サヨナラ負けし、接戦を勝ちきれなかったことを反省。下半身の筋力強化や補食による体重増に努め、制球力向上を目指してきた。今大会は与四球わずか2と安定していた。

 東海大相模が小笠原慎之介(現中日)らを擁して甲子園を制した2015年夏、当時小学6年生だった石田は「ユニホームが格好良くて」と進学先に考えたといい、あこがれの左腕と同じく頂点を極めた。その背中を追い更なる成長を求める。【伝田賢史】


東海大相模

 1963年創立の私立校で、野球部も同年創部。主なOBに原辰徳・巨人監督、柔道五輪金メダリストの山下泰裕氏ら。


 △午後0時31分開始(観衆8500人)

明豊(大分)

  100100000=2

  100010001=3

東海大相模(神奈川)

あわせて読みたい

注目の特集