特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ療養ホテルに「知事選あります」 福岡県選管が苦渋の掲示

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡県知事選を前に県選挙管理委員会が作製したチラシ(左)と、新型コロナウイルス患者が療養するホテルに張り出された紙=福岡市で2021年4月1日午後6時50分、平川昌範撮影
福岡県知事選を前に県選挙管理委員会が作製したチラシ(左)と、新型コロナウイルス患者が療養するホテルに張り出された紙=福岡市で2021年4月1日午後6時50分、平川昌範撮影

 「福岡県知事選挙が行われます」。新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設として使われているホテル6カ所に、11日投開票の知事選に関する紙が張られた。投票を呼びかけるチラシと異なり、素っ気ない印象だ。なぜこういう張り紙になったのか。県選管を取材すると、1票の重さと感染防止の間で苦渋の対応を迫られた事情が浮かんだ。

 告示翌日の3月26日までに各ホテルのエレベーターホールに張られたのは、「選挙のお知らせ」と題したA4判の1枚だ。ホールは、感染防護具なしでは外部から入れない「レッドゾーン」。弁当の受け渡しなどに使うため、療養者の目につきやすい場所だが、内容は「4月11日、福岡県知事選挙が行われます」「選挙に関しては、県選挙管理委員会にお尋ねください」など4項目のみとなっている。

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1249文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集