特集

2021衆参補選・再選挙

4月25日投開票予定の衆院北海道2区補選と参院長野選挙区補選、参院広島選挙区再選挙を紹介します。

特集一覧

「政治とカネ」巡り与野党激突へ 参院広島再選挙、構図固まる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院広島選挙区再選挙の構図
参院広島選挙区再選挙の構図

 公職選挙法違反で有罪が確定した河井案里元参院議員の当選無効に伴う参院広島選挙区の再選挙が8日に告示、25日に投開票される。自民党公認で公明党が推薦する元経済産業省課長補佐の西田英範氏(39)と、立憲民主党などが推薦する無所属のフリーアナウンサー、宮口治子氏(45)らが出馬を表明。前回参院選が舞台となった大規模買収事件で浮き彫りとなった「政治とカネ」の問題を巡り、与野党が真っ向から激突する構図となった。

 「出直し選挙だ。今度は間違いなくしっかりとした人間を選ぶ」。自民の岸田文雄前政調会長は3月27日、広島市内であった広島県連大会で3度目となる会長に選出された後、記者団に強調した。公明の斉藤鉄夫副代表も出席して「西田さんの当選に向けて全力で頑張る決意だ」と宣言し、結束をアピールした。

 前回参院選では、自民党本部が県連の頭越しに案里氏を公認候補として擁立。県連が推した当時の現職、溝手顕正氏との保守分裂選挙になった。事件は、元衆院議員で案里氏の夫克行被告が地方議員や首長ら100人に計約2900万円を渡して票の取りまとめを依頼したとして起訴され、案里氏は一部で共謀したとされた。

 案里氏の有罪が確定し、再選挙実施が決まった11日後の2月16日、県連はいち早く、地元広島市出身…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1405文字)

【2021衆参補選・再選挙】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集