特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

「制裁、今後検討」日本政府の回答に在日ミャンマー人「絶望」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会内での緊急集会で、反独裁の象徴である「3本指」を掲げて抗議の意思を示す出席者ら=東京都千代田区で2021年4月2日、佐藤慶撮影
国会内での緊急集会で、反独裁の象徴である「3本指」を掲げて抗議の意思を示す出席者ら=東京都千代田区で2021年4月2日、佐藤慶撮影

 政府は2日、在日ミャンマー人でつくる団体などが提出していたミャンマーへの対応を巡る公開質問状に対し「制裁を含む今後の対応については事態の推移や関係国の対応を注視し、何が効果的かという観点から検討する」などと回答した。国軍によるクーデターの発生から2カ月が経過し、欧米が制裁を科す中、具体的な措置への言及はなく、在日ミャンマー人からは「いつまで検討するのか」「絶望している」などと批判が相次いだ。

 公開質問状は在日ミャンマー市民協会と国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」が共同で提出した。それに対し、外務省担当者らはこの日、国会内であった緊急集会で答えた。

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文887文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集