特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

まん延防止適用の宮城 街で聞こえるため息、苦言、落胆の声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宮城県へのまん延防止等重点措置の適用が決まり、県庁で取材に応じる村井嘉浩知事=仙台市で2021年4月1日午後7時36分、神内亜実撮影
宮城県へのまん延防止等重点措置の適用が決まり、県庁で取材に応じる村井嘉浩知事=仙台市で2021年4月1日午後7時36分、神内亜実撮影

 宮城県内の新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、「まん延防止等重点措置」が全国で初めて適用されることになった。営業時間の短縮が当初の予定よりも延長される仙台市内の飲食店や大型連休の需要減につながる観光業からは、落胆の声が漏れる。【深津誠、藤田花、百武信幸、神内亜実】

 宮城への適用決定を受け、村井嘉浩知事は1日夜、「独自の緊急事態宣言では患者の急増を抑えられなかった。現状をしっかりと受け止め、国や県内の市町村と協力して一日も早く沈静化をはかりたい」と語った。

 対象地域は仙台市を中心に検討する方針。感染拡大の要因について「3月11日前後に多くの人が宮城を訪れ、送別会など年度末の異動時期が重なり、『人流』が膨らんだことに尽きる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2186文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集