東海第2原発の避難所、不足は2万人超に 再調査でも過大算定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
停止中の東海第2原発(手前)=茨城県東海村で2018年7月17日、本社ヘリから藤井達也撮影
停止中の東海第2原発(手前)=茨城県東海村で2018年7月17日、本社ヘリから藤井達也撮影

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の事故に備えた広域避難計画をめぐり、現時点で避難所の収容人数不足が2万人を超えていることが判明した。茨城県は2013年の避難所調査が過大算定だったと指摘され、18年に再調査。しかしこの再調査でも過大算定が起き、策定中の避難計画に反映されていた。国内原発で最多の94万人が避難する計画が、抜本的な見直しを求められるのは必至だ。【日野行介、三上健太郎】

 広域避難計画は東海第2の事故の際、原発の30キロ圏内にある茨城県の14市町村から、住民が30キロ圏外にある県内外の市町村へ避難するための計画。

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1149文字)

あわせて読みたい

ニュース特集