南房総、新しい自転車の旅 「E-BIKE」レンタル/路線バスにラック /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
道の駅保田小学校のレンタサイクルで鋸南町を回る人たち=千葉県鋸南町で2021年3月17日、平井桂月撮影
道の駅保田小学校のレンタサイクルで鋸南町を回る人たち=千葉県鋸南町で2021年3月17日、平井桂月撮影

 自転車を活用した観光に取り組む南房総地域で、電動アシスト自転車「E―BIKE(イーバイク)」のレンタルや、前面に自転車を載せられる路線バスの運行など、新しい自転車の旅を提案する試みが相次いで始まった。

 鋸南町保田の「道の駅保田小学校」では、イーバイクと折りたたみ自転車のレンタルを開始した。保田小学校には、自家用車で多くの観光客が訪れるが、車では行けない街中も訪れてもらおうと、町が国の地方創生臨時交付金を活用して購入し、レンタサイクル事業を保田小学校に委託した。

 南房総(あわの国)サイクルツーリズム協会の協力を得て「散歩」「ハイキング」「激坂サイクリング」の三つのモデルコースを掲載した地図も作製。鋸山や佐久間ダム公園などの名所のほか、お勧めの飲食店なども紹介している。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文616文字)

あわせて読みたい

注目の特集