日米韓安保高官が3者協議 中国、ミャンマー情勢やコロナも議論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日米韓3カ国は2日、米東部メリーランド州アナポリスで安全保障担当の高官による3者協議を開いた。協議後の共同声明では、北朝鮮による核・弾道ミサイル開発への懸念を表明。「非核化に向けた日米韓の緊密な協力を通じて対処する」ことを再確認した。また、日本人拉致問題などの「迅速な解決」についても協議した。

 対面での日米韓高官協議はバイデン政権発足後初めて。北朝鮮は3月25日に弾道ミサイルを発射しており、3カ国が連携して対処する姿勢を改めて内外に示した格好だ。米国は現在見直し中の対北朝鮮政策を近くとりまと…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

あわせて読みたい

注目の特集