永平寺で93歳の第80世貫首就任式 元気の秘訣は「自律自戒」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山門に向かう参道を進む南澤道人貫首=福井県永平寺町の永平寺で2021年4月2日午前9時49分、横見知佳撮影
山門に向かう参道を進む南澤道人貫首=福井県永平寺町の永平寺で2021年4月2日午前9時49分、横見知佳撮影

 曹洞宗大本山永平寺の南澤道人・第80世貫首(93)の住職就任式「晋山式」が2日、福井県永平寺町の同寺で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅に制限された参列者約300人は、厳かな雰囲気で執り行われた儀式をマスク姿で見守っていた。

 2008年の福山諦法・前貫首の晋山式では、他宗派の関係者含めて約2500人が参列。今回はコロナ禍で曹洞宗関係者に絞られた。南澤・新貫首は同日朝、永平寺門前の地蔵院で身支度を調え、修行僧が支える「輿(こし)」に乗って悠々と唐門を通過し、永平寺の正面玄関…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

あわせて読みたい

注目の特集