特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

つながることで地方創生を身近に ラジオ番組「ONE-J」4日開始

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ONE-J」に出演する女優の本仮屋ユイカさん(左)と映画コメンテーターの有村昆さん
「ONE-J」に出演する女優の本仮屋ユイカさん(左)と映画コメンテーターの有村昆さん

 女優の本仮屋ユイカさん(33)と映画コメンテーターの有村昆さん(44)が出演するラジオ番組「地方創生プログラム ONE-J」(日曜午前8~10時)が4月4日からTBSラジオなど全国32局で始まる。このほど2人が毎日新聞の取材に応じた。本仮屋さんが「ぶっちゃけ、私はこの『地方創生』という(文字が入った硬い)タイトルが気に入ってないんですよ」といきなり指摘し始めると、有村さんは「今日初めてお会いするのですが、テレビのイメージと違って、ズバズバ言う感じの方なんですね」と笑って応じ、早くも息の合ったところを見せた。

 「ONE-J」は、地方活性化のため、各地域で新しい取り組みをしている人や団体、企業と電話などで直接つなぎ、「明日を前向きに生きていくための元気になるヒント、気づき」を2人が聞き出す番組。

 「ラジオ好き」という本仮屋さんは「硬い番組だと思うと、すぐに(リスナーの)耳が遠のいちゃう。そうじゃなくて、たまたまみんながつながって、地方からの発信とかいろんなことがあって、それを日本語にすると、ちょっと硬くなっちゃったよぐらいの番組です」とPRする。「私みたいに、ぼんやり生きてる人もぼんやり聞けるような番組にしたいんです。何やってんのかな、秋田かあ、これができればいいな、俺の地域でもできるかもって、身近に感じて聞いてほしい」と語り、「半年後に『あれ、地方創生という言葉、ホームページから消えた』というのが目標です」と熱く語る。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1431文字)

あわせて読みたい

注目の特集