「100日後に死ぬワニ」とコラボ 埼玉県警が交通事故マップ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「100日後に死ぬワニ」とコラボした埼玉県警の交通事故ハザードマップ=県警提供 拡大
「100日後に死ぬワニ」とコラボした埼玉県警の交通事故ハザードマップ=県警提供

 埼玉県警は、昨年の交通死亡事故の発生場所や事故の特徴をまとめた「交通事故ハザードマップ2021」を作製した。幅広い世代に手に取ってもらおうと、ネット交流サービス(SNS)で連載され、人気を呼んだ4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」(作者・きくちゆうきさん)のキャラクターを採用した。

 県内では2020年、交通事故で121人が亡くなった。主要道路を描いた県の地図上に、死亡事故発生地点を四輪車▽二輪車▽自転車▽歩行者――の形態別に表記。高齢者や自転車の事故が多発している地域や、自治体別の人身事故の発生状況なども記している。

 マップは2万部を作製。県内各署の交通課窓口で配布するほか、県警ホームページでも公開している。県警交通総務課は「自分の近所でどのような事故が発生しているか確認してほしい」としている。【成澤隼人】

あわせて読みたい

注目の特集