新型コロナ 「今乗り越える」 書家と児童揮毫、燕・国上寺に奉納 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
揮毫を奉納した下田さん(左)と、山田住職=新潟県燕市の国上寺で2021年4月3日、池田真由香撮影
揮毫を奉納した下田さん(左)と、山田住職=新潟県燕市の国上寺で2021年4月3日、池田真由香撮影

 新型コロナウイルスの終息を祈願した奉納揮毫(きごう)が3日、燕市国上の国上寺(山田光哲住職)であった。書家の下田彩水(さいすい)さん(38)が書道教室の児童と書き上げた作品を同寺に納めた。

 名古屋市の任意団体「和プロジェクトTAISHI」が主催するイベントの一環。この日は、浅草寺(東京都)や法隆寺(奈良県)など宗派を超えた全国33カ所の寺院で、コロナ禍終息を願った揮毫の奉…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集